事業内容

事業内容

一級建築士を始めとする専門家集団があなたの物件を調査します。

弊社のホームインスペクションは、不動産に関わる全てのことをワンストップで解決致します。
私たちは、不動産調査をする際に、様々な知識と経験が必要であることを自覚しています。
それは建築や法律、そして税務と言ったように大まかに分けることができます。
さらに、それぞれを細分化しなければ、しっかりとした調査をすることができません。
例えば、建築に関しては、設計分野と施工分野は、資格者としては一級建築士が行いますが、人によってその得意分野が異なります。
また、法律にも同じ事が言えるので、決して1人だけでできるようなものではありません。
弊社は、邸宅からマンションまでを設計施工するゼネコンとして成長をしてきましたので、社内において、これを完結できる土壌がありました。
現在は、法的また税務的な側面も組織的にアドバイスをできる体制になり、より一層、手厚い調査を実施するに至りました。

弊社の調査メニューとその料金体制は、目視による調査は一律5万円とさせて頂いておりますので、とてもシンプルと言えます。
なぜならば、多くの皆様に「ホームインスペクション」を気軽に利用して頂くためです。
調査メニューは、簡潔であっても、調査内容は万全ですのでご安心ください。

bukken1
①中古物件に関する調査
中古住宅は、経年劣化が生じていますので、購入前の調査は必須であると言えます。購入後に想定外の修理費を避けるためにも、ホームインスペクションをオススメ致します。
もし、欠陥があったとしても、その補修方法についてアドバイスさせて頂きます。
購入前に修理費用が想定できれば、それに応じてた減額交渉を売主に対して行えますので、結果的に割安な不動産売買となることもあります。


②新築物件に関する調査
新築物件の購入前に、弊社の一級建築士が調査を行います。建築というものは、図面と施工はどうしても誤差は付き物です。
ただし、その施工精度やミスが許容範囲か否かを丹念にチェックして、しっかりと是正しなければなりません。
一級建築士の調査結果に基づいて、購入希望者は売主に対して、施工不良箇所を是正要求することにより、入居後のトラブルを回避します。

bukken4
③投資物件に関する調査
投資物件は、購入前の事業収支をきっちり見極めなければなりません。それには運用に伴うあらゆるリスクをピックアップすることが大事になります。
無調査でマンションを購入したお客様が、雨漏りで多額の防水工事費用を負担したという事例もよく耳にします。
そんなことがないように、物件調査をしっかりとしなければなりません。
この点については、弊社は投資用マンションの建築を50年近く携わっておりますので、得意分野であると言えます。
また、大型物件の場合は、構造計算を伴うエンジニアリングレポートを作成させて頂きます。

bukken2
④リフォームに関する調査
リフォームは、新築よりも経験が必要な分野であると言えます。なぜならば、新築時の施工が、どのように工事されているか図面上で確認できないことがあるからです。
その場合、ある程度推測しながら、リフォームを進めることになりますので、それなりの経験が必要となります。
リフォーム業者を選定する際に、工事費用だけ選定基準としてしまうと、とんでもないことが起きる事が実際にあります。
このような場合、弊社の専門スタッフが中に入って、トラブルを解決させて頂きます。

bukken5
⑤その他の調査
弊社はお客様の要望には、誠意を持って対応させて頂きます。上記に記載の無いことであっても、弊社にできることでしたら、柔軟に応じていきます。
例えば、新築の図面上のアドバイスであったり、建築時の検査立ち会い、内覧の立ち会いなどなど、どんなことにも応じさせて頂きたいと思います。
ぜひ、悩む前にご相談下さい。

PAGE TOP